2009年05月19日

昨日…

稽古後半、とあるシーンのダメ出しの流れで、昔は携帯なんてないから、交信手段は電報しかなかった…というハナシをイナダさんがゆたかに話していました。

「電話なんてないんだから普通電報だろ!!」

…と怒られてもピンとこないよねえ?(笑)

そもそも最近の子たちなんて、結婚式やお葬式以外では電報自体滅多に見る事ないんじゃない?

そしたらば、

「俺なんか朝会社行くのに寝坊したら、会社から電報来て起こされたことあったぞ!!」


…ええええ〜…???

イナダさん…

ていうか、ホントなの?創作してない??(笑)

電報ってそんなに届くの早いの????

それにしたって。。。



老化による妄想なのか(笑)、ホントの話なのか。

いずれにしても切ない…。。。

あまりのジェネレーションギャップに、言葉もありませんでした(笑)


必死に納谷さんを仲間に引き入れようとするんだけど、「イヤイヤ、オレの頃は電話あったで〜、イナダさんとオレ、10近く離れてるんやから一緒にしないで〜」と見捨てられ(笑)

…なんて哀れな…

みんな、お年寄りには優しくしてあげようね…。

ま、ま、年齢層の厚い劇団…で素晴らしいね!ということで!(笑)


余談ですが、そのハナシから、私は私と同い年の、舞台部きってのクールビューティ中村さんと、高校時代にポケベルあったかというところで微妙に食い違い。

…え?私が高校生の頃、ポケベルなんて無かったと思うんだけど。。。
中村さんは皆ポケベル持ってたっていう…。。。

うーむ。私、歳ごまかして…ないよ!!!
記憶違いかなあ。…私も老化???


タツコ

posted by イナダ組 at 16:21| プーチンの落日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

稽古のことは決して訊かないでください。あ、でも、見には来てください。5月31日は公開稽古。

僕の友人の言葉を借りると「富良野塾OBの人ばかりが目に付く近年のイナダ組の公演」だが、こればっかりは明らかにチカラの差がありすぎる(というのは僕個人の考えで「そんなことはない」と言う人だっていると思う)ので悔しいけれど飲み込むしかない。もちろん“富良野塾OBの人”とは納谷真大師匠である。

彼は、一応、イナダ組研究生という肩書きを持っていて、正劇団員ではないような、あるような、僕にさえ何とも良く分からない立場で、でも、僕にとっては、凄い。そして興味深い。だから僕はいつも納谷研究生になろうとして、彼に近づいたり、遠のいたりする、のだけれど、僕はいつまでも凄くはなってこない。

でも僕は凄くなりたいので、考える。そして、研究ばかりじゃダメなのだろうと、考える。更には、実習が必要なのだろうと、考える。ただただ、考える。挙句、実習を、しない。結果、凄く、ならない。いつしか、こんな文章を書く。はたまた、やっぱり消そう、なぞと思い立つ。なのに、消さない。

多くの人と同様、弱っている。

『プーチンの落日』。ローソンチケットLコードは、17808。覚え方は“いい納谷、おやっ?”。だそうだ。
posted by 江田 at 05:04| プーチンの落日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。